プロにも負けない!ECサイトに使用する写真の撮り方

簡単に商品写真を美しく撮る方法


写真写りは、ECサイト商品の売れ行きを大きく左右します。写真写りをよくするためには、一眼レフカメラに専用レンズ、三脚、照明などが必要ですが、それらすべてを一度に揃えるのは、リスクがあります。写真撮影のコツを覚えて、必要と感じたものから、一つずつそろえていくのがおすすめです。まずは、お手持ちの小型デジタルカメラでも大丈夫。充分ネットにアップできる写真が撮影できます。 カメラは、必ず固定して撮影しましょう。できれば3脚で、なければ箱などで代用して手振れを防ぎます。手振れ補正なしの方が、高画質になります。次に気を付けたいのが照明です。初心者は、フラッシュを使っての撮影は失敗しやすいです。蛍光灯の下なども、被写体によっては蛍光灯が映り込んでしまう上、自然色で映らないため、避けましょう。自然光で撮影するようにします。


背景や小物選びが写りにも影響する


背景や被写体を乗せる台なども気を付けるようにしましょう。テーブルの上に直接置かれた商品は、安っぽく見えてしまいます。被写体が映える背景色を選びましょう。専門の背景幕も販売されていますが、小物であれば、色画用紙でも代用できます。ジュエリーは、スウェード生地もおすすめです。背景を白にする場合、反射が多いために、色が違って撮れてしまうことがあります。露出補正をプラスし、ホワイトバランスを調整するようにします。この操作が難しい場合には、商品の他に、飾りとなる花や小物を一緒に置き、白い面積を狭くすると、綺麗に撮影できます。ECサイトでは、白い背景が基本となっていて、消費者に好印象を与えますので、ぜひ白い背景でも綺麗に撮影できるように練習しましょう。